アドリア日記

(C)2005-2011 KOEI Co., Ltd. All rights reserved

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

戦、戦、戦をす

ずーっとインドで敵と撃ち合っている今日この頃です。
ようやくペリエの使い方がわかってきました。今までカロネードで火力でごり押ししてきていまして(汗)

そんなことしかやっていませんので、他に書く事が全然なかったり…。細かい事はないわけでもないのですが。
最近のインドはそれなりに平和だとか。

そういえばバイオリン演奏、芸術家で覚えるしかないのですが、もしも誰かが教えてくれるとしても、とても覚えるのが大変なスキルのようです。

バイオリン演奏


習得条件、冒険56って…

スポンサーサイト

PageTop

海事をせんとす

軍用ジーベックも入手し、無事に専用艦化も果たした私はアイテムとスキルを整理し(言語枠に救助と統率を入れる)、転職クエストがさくっと出せてクリアできる砲術家に転職しました。

大砲を持ってインドに向かったのですが、色つきな方はうろついていますし、私の腕が悪いせいでNPCにはぼこぼこにされるしで大変です。
あっという間に船の最大耐久もどんどん減ってしまいました。

矢風


ちょっと大投資戦に参加するために欧州に戻ったりもしましたが、とりあえず暫くはインドあたりで海事を続けていこうと思います。


おまけ

演奏中


バイオリン演奏中~

PageTop

新船を手に入れ候

ベルベットを織っていた私ですが、お金はそれなりに貯まると共に、飽きたという想いも貯まったため、仕立て道具が無くなったのを気に、欧州に戻り、別の事をすることにしました。

一つ確認したかったのは、チューリップバブルの結果でして、

コント


こんなNPCが一杯いるアムステルダムの様子を見てきました。相変わらずNPC達は面白いですね。
個人的には苦手分野のある家具職人同士が協力して家具を作るのかと思っていたのですが、一人だけというのは意外でした。
ちなみに残っていた手形の方は、何と交換するかちょっと悩んだのですが、上納品(大型)と交換してみました。大抵のものは取られても平気なのですけど、聖マルコ獅子紋章だけは、何としても守りたいと思いましたので。

あと、次は海事をしようと思っていましたので、お金も貯まったことですし、知り合いの方に造船をして頂きました。
造船して頂いた船はこちらっ

矢風


軍用ジーベックを知り合いに造船して頂きました。
この船はJB強化も一応できるのですが、そのための手間暇がそれなりにかかりますので、むしろ専用艦化を行い、重量砲撃をつけることで強化船と同じ状態にしてみました。機会と余裕があればJB強化の方もしてみたいですけどね。
とはいえ、折悪しく大海戦の時期と重なってしまったため、専用艦化をして下さる方を探すにも一苦労でしたが(汗)

PageTop

最近の事をまとめんとす

さて、さくっとここ最近の事をまとめてみますと。
資金を稼ぐために(あまり好みではないのですが)ベルベットを織り続けていました!
繊維取引Rがそれほど高くはないですから、世間一般様ほどは儲からないのですが、カテゴリー3の換金作業と割り切ってやっています。

とりあえず、それだけなんですよね・・・。
SSとか一切ありませんっ。

あ、でも無骨な武器のSSはありました。

無骨な武器


グラフィックは本当にシンプルですよね。
ただ、陸戦時は武器の攻撃力がそのまま自身の攻撃力になるわけではないようで、私では100に届きませんでした。
それでも十分なんですが。

バイオリン演奏の方は写りがイマイチでしたので、またそのうちに。
SS撮ったらチェックも必要ですねぇ。

PageTop

久々に記事を書かんとす

最近ちょっと忙しくて(その割にはゲームにはログインしていましたが)、更新がすっかり滞っていました…。
でもまぁ、いいでしょう。世界の果てみたいなところですし。

前回の冒険行の後、適当に地中海をうろついて転職クエストを紹介したり、気分で人様に付いていったりしたのですが、立ち寄った街でたまたま未発見クエストを見つけたりしたので、発見してまわっていました。


呪われた指輪とか
ニーベルンゲンの指輪


魔神を貫く武器とか(絵はあれですけど)
ヴァジュラ


珍しい宝石ですとか
輝ける星


無骨な武器とか(本当に案外と形は無骨)
エクスカリバー


そんなこんなで、総発見数は1127となり、ひとまず私の冒険の旅は一つの区切りを迎えたのでした。
残りはそのうちやっていこうと思います。

締めとして、言語枠を一つ消して、「バイオリン演奏」という非常なネタスキルを覚えてみたのですが、こちらの模様はまたそのうちにでも。
いつまで覚えていましょうかねぇ…。

PageTop

東西南北縦横無尽

その日、私がセビリアで請けたクエストは…あれ、毎度の事ですが写真がないですね。
えーと、「思い出に残ったもの」というクエストです。

途中の写真もいまいちなので飛ばしますが、セビリアーサンジョルジューケープーザンジバルと各地の酒場娘に冒険者から聞いた冒険談の中で思い出にのこった鳥の話を聞いてまわり、最後にガーダに聞いた鳥を探しにいく、というものです。
何でもガーダの初恋の人が聞かせてくれた話だとか。
そんな鳥がこちら

キエリボタンインコ


ついでのログに残っていますが、「羽の髪飾り」を入手。こんなのです~。

羽の髪飾り


このクエストはなぜか海事クエストに繋がりまして、誘拐事件を解決…は誰かが行っているのですが、誘拐犯を懲らしめるためにカリカットからセイロンで情報を集め、ブルネイまで討伐しに行くことに。
SSは奇麗にありませんでしたが(><)
陸戦の方は、むか~し陸戦で散々使用したために、会得度が800まで上がったデュランダルで力押しで討伐していきました。

その後、またザンジバルまで移動し、続きのクエストを請けてきました。今度はちゃんとSSもあります。

鳥の羽が運ぶもの


そして、キエリボタンインコの羽に導かれ、「森の人」と会ってきました。
このクエストにも出てくるガーダの初恋の人は、他のクエストにも出てくる、私の先を行く冒険者だと思うのですが、いつか、追いついてみたいものです。
冒険レベル制限解除クエストに出てくる人かな、とも思いますが、実際のところはどうなのでしょうね。

オランウータン


まだ見ぬ「彼」を追いかけて、私は新たな冒険へと出発するのでした。

PageTop

縁によりて

シュレッテンワルダーと知り合った事でできるようになったクエストがいくつかありまして、早速挑戦してきました。
一つ目はこんな仮面

シペ・トテックのマスク


これまたかなり変な仮面なんですが、クエスト情報曰く、持ち主にひどい肌荒れを起こすそうで、迂闊に被れませんね、まったく。

次は南米の酒場娘、ジゼルからの依頼なんですけど…

炎を下さい


何と言いますか、ここまで曖昧な依頼は初めて見ましたよ。
とりあえず話を聞いてみますと

クエスト情報1


えーと、赤い宝石?
ジゼルの説明でわからない時は…酒場マスター、話をお聞かせ下さい!

クエスト情報2


クエスト情報3


ふむふむ、冒険者の冒険談ですか。これでようやくわかりましたよ。いやはや、いつもわかりやすい説明をありがとうございます。

クエスト情報4


その人は戻ってこなかったと…世が世なら死にフラグじゃないですか。

クエスト情報5


あれ…盗掘団の御頭?
なんか最近、そんな人物と知り合ったような…?

クエスト情報6


やっぱりあなたですかっ。ところで、俺オレってオレオレ詐欺…?
それはさておき、「見つけたのに…」?

クエスト情報7


あらら、あなたも大変ねぇ。それでいつもは

お前の相手をしている暇はない


こんなことを言っているのね…。
とりあえず、あなたが見つけた石は私が見つけておきますから、どうぞどうぞ心ゆくまで掘っていて下さい。
ジゼルへは…まぁ、生きている事くらいは伝えてあげますよ。

そんな会話があったかどうかはさだかではないですが、その後住民に聞き込みをして炎を発見っ

踊る炎


一度現物を拝んでみたいものですね。この手の見え方で変わるものって面白いですし。

PageTop

踊る我が身に嫌気さし

その日も私はチューリップに振り回されていました

チューリップ愛好家


ですが!
リスボン沖で嫌気がさし、新たなクエストを請ける為にアレクサンドリアに船首を向けることにしました。

そこで請けたクエストはこれっ

復讐の宴


色々と絡み合った連続クエストなのですが、昔討伐(に協力)した盗掘団の残党に横取りされてしまった宝を奪い返すというクエストです。

お相手はこの方、シュレッテンワルダーさん(Lv50)

シュレッテンワルダー


ドナウの盗賊騎士で、極悪非道の盗賊として名を馳せた人物なのだとか。
まっとうな大人からはやめておけ、と止められるものの、エレオノーラからはこの通り

エレオノーラ、挑発す


こう言われてしまって黙っているわけにはいきません。陸戦の用意を整えて、いざ出発!

気を引き締めて戦いに挑んだところ、苦戦しつつもさくっと勝ててしまいました。その代りSSは撮り損ねましたけどね!
ちなみに勝てた理由は漸次回復アイテムと、回復量200のアイテムの2つを用意していた事と、デュランダルを使っていましたから攻撃力が高かった事です。

そんな感じで倒しますと、シュレッテンワルダー曰く

シュレッテンワルダー曰く


気障な感じがあれではありますが、とりあえず返してくれるそうで、いざ発見に。
その途中で知り合いとその知り合いの知り合いの方々と奇遇にもお会いしたので、せっかくでしたので一緒に発見してみたり。

ひすいの仮面


Dol内で1,2を争う怖い仮面をゲット!
って・・・あーっ、仮面つけているところのSSとか、この後色々ご一緒させて頂いた時の光景とか一切なし(--;
うーん、ブロガー根性的なものはやっぱりまだまだ身についていないようです。
ご一緒させて頂いた皆様、楽しい夜をどうもありがとうございましたー。

PageTop

チューリップ・ピエロ

さて、移動を繰り返し欧州に戻ってきた私ですが、その目的は今のイベント、「チューリップバブル」をやってみるためでした。

まぁ、相変わらずこんな寄り道はしているのですけどね。

尖った蹄


楽なヴェネツィアからスタートし、ナポリを経由してマルセイユでこの人の鑑定を受けます

園芸家


大体5割くらいの筈なんですが、運が悪いのか、5割に届いていない気がします…。
その後セビリアで道化をみたり、リスボンに寄った後、クエストのために南下を。

特に何事もなく経過しまして、さくっと発見

シタツンガ


仮面も手に入るんですが・・・

ドゴンの仮面


こわいです(><)

即行で銀行に仮面を放り込み、チューリップの結果を知るために北上してロンドン経由のアムステルダムへ。

チューリップ愛好家


この人の鑑定を受けます!
隣の人に売れば確実に1個1万ドゥカートなのですが、こちらで手形が1枚出れば現時点の価格でも50万ドゥカートですからね~。
この時は0枚だったのですけど(><)

ドキドキのチューリップの鑑定結果ですが、現在5周しまして、
1周目:手形3枚
2周目:0枚
3周目:0枚
4周目:3枚
5周目:0枚
というひどく極端な感じです。
本当は4周目も0枚なら切り上げて冒険クエストでも解きに行こうと思ったのですが、3枚貰ってしまったため、ついつい続ける事に…。

鑑定結果に踊らされて、これではまるでピエロです。

PageTop

東奔西走す

さて、東南アジア開拓地の地図を発見しつつ欧州に戻った私はまたインド行きクエストを請けて発見することに。

20070506220430.jpg


伝説の武器の連作クエストがこれにて終了。
このクエストだけアイテム貰えないのですよね。どうしてかしら?

クエストが終わると、生糸をお土産に積み込んで欧州にUターン。
喜望峰で海賊に襲われたりしましたが、無事に撤収して事無きを得ました。

残りのクエストはアイテムが手に入るクエストばかりで、荷物整理をしないとアイテムが溢れてしまう困った状況だったのですが、何とか整理ができたので更なる発見へ。

たまたま気まぐれにカリブ行きのクエストを請けていたので、リオデジャネイロ→ジャカルタ行きのクエストを請ける事にけってい~。
とはいえ、さすがに長距離航海ばかり繰り返していましたから、ケープから定期船を利用することに。

20070507121047.jpg


何となく人のいない角度から撮ってみました。
ケープにリオデジャネイロから向かう際、南に行き過ぎてケープ海盆エリアまで行ってしまうというトラブルもありましたが、何事もなかったので良しとします。測量持っていないのですよね…。

むしろ最大のアンラッキーな出来事としては、ジャワ島南方沖海域にて見事に海賊と遭遇したことでしょうか。
まさかあんな僻地で襲われるとは…。無事に逃げきったのですけどね。

そんな色々も乗り越えまして

20070507121152.jpg


「バロンの仮面」を無事発見!
これ、男キャラ用装備なんですよね。面白い仮面なので、つけてみたいと思うのですけど…。

その後、海賊に脅えながらも香辛料を積み込み、カリカットでクリッパー☆3への強化を依頼し、その後人と話しながらまた欧州へ。

インド→ヴェネツィア→サントドミンゴ→リオデジャネイロ→ケープ→(定期船)ジャカルタ→カリカット→欧州
と、相変わらず相当な移動距離でした。

PageTop

GW中の発見物について記録す

GW中の発見物についてまとめて書いてみたいと思います。
予想外の事もあって、案外と発見物の写真が増えてしまいましたが、もともと新発見物は少なく、その写真だけでは寂しいですから、嬉しい誤算と言えなくもないかもしれません。

まずはジェノヴァからテノチティトラン行きのクエストを請けてスタート。

20070506215913.jpg


このクエストはテノチティトランで情報収集をするのですが、テノチティトランの言語はナワトル語という覚えられない言語であるため、実質身体言語が必須のクエストだと思います。
とても泥棒っぽいクエストですが…。

その後アムステルダムまで戻り、東南アジア行きのクエストを請けて出発しました。
途中、リスボンで人との出会いもあり(こちらが一方的に話しかけた気もしますが)、上機嫌で一気に東南アジアまで。

20070506215929.jpg


無事にメルカトール氏からの依頼を果たし、ついでに釣り発見のSS撮影にも成功。

20070506215941.jpg


次にアデンまで行き、頼まれていた鎧を発掘。

20070506215956.jpg


ここまでは順調だったのですが、アデンに戻り次に挑みたいクエストを出そうとしたのですが、クエストがでないうちに依頼斡旋書が尽きるというトラブルがっ。
カリカットまで戻れば購入できるとは思ったのですが、冒険者が大金をはたいて依頼斡旋書を買うというのも情けなく思い、現地の近場のクエストを解いて斡旋書を貰っては使ってクエストを探す事に。

20070506220021.jpg


20070506220033.jpg


20070506220247.jpg


これが案外と泥沼になり(泥縄な方法ですから仕方ないのですが)、非常に疲れました…。
で、そんな苦労の果てに出したクエストの発見物がこちらです。

20070506220334.jpg


クエストの途中も海賊に追われたり、NPCに襲われたりと多事多難でしたが、その分達成できたときの喜びも一入でした。
道中の御喋りに付き合って下さった方もおりましたし。どうもありがとうございました。

更に王つながりで財宝鑑定ブーストの短剣が手に入るクエストを解決っ。

20070506220348.jpg


パガン朝の最後の王のものらしいですが、そりゃ元に逆らっては生き残るのは難しいですよね…。

更にこれで冒険が終わるはずもなく、東南アジア開拓地の地図を発見しつつ、欧州へっ。

20070506220409.jpg


20070506220421.jpg


この後、またまた大移動なわけですが、それは今のクエストとセットで記事にすることにしましょう。

PageTop

アカデミーに参加す

マルセイユのアカデミーに参加してきました。
終わってから気付いたのですけど、マルセイユですがダ・ヴィンチ杯じゃなくてノストラダムス杯だったのですね。道理で景品が違うはずです。

20070502194816.jpg


これは開始した時の様子です。段々と参加者が減ってきているような…。高レベル冒険者は相変わらず多数いましたけどね。

ちなみに結果の方は7勝6敗2分でした。もう1勝して勝ち越しはしたかったですね。
終わった後はロストしたカードの回収を行い、翌日もアカデミーには参加せず(リアルの都合もあって)、カードの回収をしていました。以下その画像です。ちなみに、2枚足りないのは、相変わらずSSを撮り忘れたからです!

20070502194828.jpg


20070502194843.jpg


20070502194900.jpg


20070502194929.jpg

PageTop

西アフリカを巡らんとす

稀少クエストばかりこなしていて、依頼斡旋書を使い果たしてしまった私。
どうしたかといいますと、このカードを納入してしまっていましたので、ついでに西アフリカで色々とクエストをこなしてきました。

20070501182350.jpg


サンジョルジュ近辺は時々海賊がうろつき、安全とは言いかねる場所なのですが(概ね安全ですが)、その時はちょうどカルカッタで大投資戦が勃発し、とても安全でした。
そんなわけで、移動距離の短い宗教クエストを中心に、依頼斡旋書が50枚程度たまるまでクエストをこなしていました。

20070501183112.jpg


20070501183124.jpg


20070501183144.jpg


本当はもう少しヨウムなんかを発見していたはずなのですが、のんびりとやっていましたので、撮り忘れたようです。
50枚では足りないように思えますが、移動ついでに美術地図を発見しては報告して斡旋書を稼いでいますので、案外と何とかなったりします。
海民剣のクエストのような出難いクエストを探すには足りませんが・・・。

PageTop

伝説の武器をもとめんとす

ちょっと間が空いてしまいましたが、まぁ、こんな辺鄙なところですし、いいでしょう。おでかけとかしていますと、どうにも更新する気が…。

とりあえず、前回の続きとしましては、相変わらず伝説の武器集めを行っていまして、こんなものを発見したりしました。

20070501111118.jpg


独自のグラフィックが良い感じです♪(SS撮っていないですが)
ちなみに開錠に失敗して、罠で船員数が1になっているのはナイショです(汗)

そのほか、こんなクエストですとか

20070501111516.jpg


戦闘のあるクエストですので、戦闘中のSSも撮ってみたのですが・・・

20070501111528.jpg


これじゃあ全然だめですね(><)
戦闘中のSSの撮り方も、そのうち勉強しようと思います。

こんな感じで伝説の武器関連の連作クエストをこなしていたのですが、そうしますと、困った事態が!
依頼斡旋書が、尽きちゃったんですよねぇ。
消費量>補充量
という状態をずっと続けてきましたから、当然といえば当然なんですが。
冒険者が依頼斡旋書を買うというのも、ちょっと情けないお話ですし、私がとった行動とは…
以下、そこそこの分量になりましたので次回にでも。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。