アドリア日記

(C)2005-2011 KOEI Co., Ltd. All rights reserved

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ハロウィン

ハロウィン

ハロウィンイベントがはじまりましたね。魔女服と戦闘は来週みたいですけど。
この格好、仮装らしい仮装と思うのですけど、いかがでしょう?

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

斜陽の街にて

孔雀ドレス白

特製ラフカラードレス

インカノーブルドレス赤

最近読んだ小説(と言ってもラノベですが)で、こんなセリフがありました。

「どんなに着飾っていたって、ただ着飾っているだけなら趣味。人から見た自分を意識して着飾るようになって表現。それによって人を惹き付けられる着飾りが出来て御洒落。そして自分が望む人の目を奪う着飾りができたら―――憧れを手にした、と言うのよね」(一部改変あり)

私は写真のようにお気に入りの服を着てみる事もあれば、首都の道具屋で売っている初期装備で揃えてみる「初心者もどき」の格好をしている時もありますが、基本的にただ気まぐれに着飾っているだけですから、まだまだ趣味どまりでしょうか。
私にとっての「憧れ」はどこにあるのかしらん、と夕陽を見て思ったとか思わなかったとか。

ま、現実に比して服装の選択肢の狭い世界で何を言うのか、と言われればそれまでなんですけどね。
PageTop

先の一戦

今更ですが大海戦お疲れ様でした。
相変わらずの気まぐれ度100%更新でございます。

3日間3連戦で参戦して、合計戦功は90台といったところでした。
8/9で旗をしたのですけど、回避10だわ測量もないわで提督やってて良いんでしょうかね。
コガモならそれでも良いかなー、という感じでやらせて頂いてますけど。

真面目に旗として反省すると、

1.逃げるのを上手くなる
2.もうちょっと連携なしのN狩艦隊に積極的にしかける

という2点ですね。
この辺は慣れていくしかないでしょうか。
まぁ、脳筋のつもりもないので、ぼちぼちと楽しんでいこうと思います。
PageTop

次の一戦

今週末は大海戦ですね。
どれだけ参戦できるのかちょっと未定なのがあれなのですけれども。

さてさて、今回の大海戦はスライドでヴェネ参戦となったわけですが、何となくその辺について雑感を書いてみたいと思います。

タイトルは語感が良かったので某書のぱくりです。げふんげふん。
そしてまた記事が長くなりそうな悪寒…

蛇足
ああ、書き忘れていましたが、個人的にはスライドにさほど反対ではないのですが、小国→大国による2位スライド等というのはどうかと思わなくもないので、攻撃対象国による旗変更のみ有効、くらいで良いのではないのか、と思います。
PageTop

太平洋航路開拓

ちょっと宝石取引を覚えたついでに、人のしない事を試してみよう、という事で太平洋航路の開拓をしてみました。
PageTop

論戦コンボ『手札選択』について

取引スキル上げの往復中が微妙に暇なので合間に記事でも書いてみたり。

今回取り上げてみたいのは(私の中での価値を整理してみたいのは、とも言えますが)、1枚目の手札を選択できるようになるコンボです。
現状では論戦では1枚目の手札は強制的に選ばれるようになっています。
しかし、コンボが発動した場合、次セットの1枚目が選べるようになる、というのが『手札選択』のコンボです。
現在3種類確認されており、1・3、1・3、2・2とどれもカードの合計ポイントが4Pのコンボです。

次セットで恩恵を得られるという事は、このコンボの使い方としては、このセットを捨てて次セットをとる、というものとなります。
しかし、1枚目を選択できるというのはかなり優位とはいえ、同時に必ず勝てる保証があるわけではなく、2連敗してしまう可能性もあります。
とはいえ、先に悲観的な事を述べてしまいましたが、このコンボを出したからと言って必ず負けるとも限らない為、うまくいけば2連勝する事もできます。

このコンボを出した際のポイントですが、4+1枚ということは、素の最大ポイントは14Pという事になります。場のボーナスがついてそれ以上になる可能性もありますけれども。
では、以下それぞれの合計ポイントの場合でどのようになりそうか考えてみたいと思います。


・100Pの場合

カードの平均ポイントは3.3、1セットの平均値は約10となります。
相手が8Pコンボを出さなければ勝算があるのがこのクラスです。
4Pコンボをだされる事もありますが、大抵1+1+4=6ですので、残りの1枚で2差を挽回できれば勝利できるでしょう。
また、低Pカードを多く入れる事になるこのクラスでは、1枚目の差がそのまま勝敗に繋がる可能性も高いため、1枚目を選択できる価値が更に高くなると言って良いといえます。


・150Pの場合

カードの平均ポイントは5、1セットの平均値は15となります。
ちょっと勝てる見込みの薄くなってくるのがこのクラスです。とはいえ、高Pカードを入れる事も多い為、相手の手札次第では勝機がないわけでもないですが。
カードのポイントの幅が広くなるこのクラスでも1枚目の重要性は…と言いたいところなのですが、コンボも強力となってくるため、コンボの有無、つまり手札で勝敗が決まる事が多くなってきます。
同Pのコンボをお互いに発動した場合、コンボ以外のカードのポイントや場のボーナスが勝敗を決しますので、1枚目を選べる価値がないとは言えないのですが、しかしそれでもどうなのでしょうか。


200Pの場合

カードの平均ポイントは6.6、1セットの平均値は約20となります。
勝てる見込みはまずありません。
カードのポイントは総じて高く、1枚目がランダムであっても高Pカードが期待できます。
しかも、例え1Pカードが1枚目に出てしまったとしても、自分にコンボがあり、相手にコンボがなければ勝てます。つまり、手札次第の傾向がより強いといえます。
よって、このクラスでは1枚目を選択できる事の価値は低下すると言えるでしょう。


・まとめ

100Pなら入れる、200Pなら入れない、150Pの場合は要相談、とでも言ったところでしょうか。
個人的には150Pでは入れないところですが。でも属性無効も空振り多かったしなぁ…うーん。
こつこつと経験を積み重ねて結論を出していきたいと思います、とでも言ったところでしょうか。
書いてるうちにこっちに飽きてきたのは秘密です…。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。