アドリア日記

(C)2005-2011 KOEI Co., Ltd. All rights reserved

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

山師の戯言 ~机上の空論~

現在、エウロスサーバーではリマが中枢都市となっております。
中枢都市限定でトゥンバガという交易品が出現するわけですが、単価が高く、取引R1につき1個しか購入量が増えない為、いらない子扱いされています。
しかし、本当にいらない子なのか?検証してみたいと思います。

比較対象としては中南米西岸の主力交易品、インカローズと比べてみたいと思います。
予想としては、消費カテ枚数の多さを単価の差でカバーする事ができるのではないか、と考えています。
さてさて、実際はどうでしょうか。

まず前提として、手元にあるデータの関係上、インカローズ・トゥンバガともに取引R10での非同盟の購入数、でも関税はなし、として100%価格で800個積み込んだ事を想定して計算します。
仕入発注書の価格はカテ3が100k、カテ4は80kとして計算します。
売却は高く売れる北海・黒海にて100%価格で関税なし、ふっかけなしで売却するものとします。

話が横道にそれますが、中南米西岸の交易品の売却価格は北海=黒海>東地中海=西地中海、となっている感じを受けました。
北欧については(面倒なので)未検証ですが。

さて、具体的な数字としては…あ、面倒なので細かい数値は切り捨ててます、ご容赦ください。

・インカローズ
購入数 23個
仕入値 4500
必要カテ枚数 800÷23=34
必要経費 34×80k=2.72M

売却価格 18000
1個あたりの収益 13500
売却収益 800×13500=10.8M

総収支 10.8M-2.72M=8.08M


・トゥンバガ
購入数 14個
仕入値 5000
必要カテ枚数 800÷14=57
必要経費 57×100k=5.7M

売却価格 22000
1個あたりの収益 17000
売却利益 800×17000=13.6M

総収支 13.6M-5.7M=7.9M


ありゃ、トゥンバガ負けてますねぇ…
とはいえ差が微妙なので一応ふっかけで20%アップの結果もだしてみました。

・インカローズ
18000×1.2=21600
(21600-4500)×800=13.68M
13.68M-2.72M=10.96M

・トゥンバガ
22000×1.2=26400
(26400-5000)×800=17.12M
17.12M-5.7M=11.42M

今度はトゥンバガが逆転しましたね。
ふっかけ10%でも試算してみましたが、ちょうどその位で逆転するようです。
トゥンバガは冒険者ならではのバイタリティー的なものがあるとカテの節約もできますので、決してトゥンバガはいらない子ではない!と言っても良いのではないでしょうか。

そのバイタリティー的なものは気が向けばまた今度にでも…
ではでは、間違いがありましたら指摘お待ちしています。

スポンサーサイト

PageTop

心此処不在

和漢文って適当に読んでいただけなので規則まで覚えてはいないのですよね。あってるかしらん。
そこにいても心がいないのでは、それはいないようなものですよね、っていう今日この頃です。
不在と書くと紛らわしいので居眠り中としてますけど。

こんな感じでやる気のないままにやってる事はお金儲けです。
最初はベルベを織り、その後はある時はカラカスのオパールを運び、またある時はインカローズを運び、またある時はリオデジャネイロの金を運び…
香辛料を運んでいないのは面倒だからですね。
一番多く運んでいるのはやはりカラカスのオパールでしょうか。
改良ゲルン帆とあわせて大きな利益がでますし。

その他、3rdの育成なんかもはじめましたが、基本的に昔やった事を経験と知識をもとにより効率よくやっているだけなので、なんだかなぁ、という気がしなくもないです。
ただ、街をめぐってちまちまとした交易をするのが好きなんだなあ、と改めて再確認する機会にはなりましたけれども。
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。