アドリア日記

(C)2005-2011 KOEI Co., Ltd. All rights reserved

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

いやはや…

 すごい放置でしたね・・・。ブログを書いていない間に身辺には色々ありましたが、大航海の方では正直何があったっけ?というくらい、大きな変化はありません。
確かにレベルが上がったり、一部スキルは上がっているのですが、だから?という範囲を出ている気はしなかったり。
あと画像がすっかり面倒に感じるようになってしまいましたが、文章だけでものんびり書いていく…かもしれません。さすが持続力に定評のない私!

 そんな私はここ最近は貯蓄に励んでいます。
具体的にはカリブで砂金から金を作って、それをアドリア海に運ぶ変則金交易と、改良ゲルンステイスルを生産してリスボンでバザー売りする事を繰り返しています。
もちろん、ヴェネツィア→サントドミンゴのレースクエストとポルトベロ→ヴェネツィアの木像クエストなんかも請けています。
時間は結構かかりますが、鋳造をあげる事ができ、かつカテ3は増えますし、利益も悪くはないですので結構楽しかったりします。
一応利益と入手カテ枚数の減少を覚悟すれば時間短縮もできるのが面白いところですね。

 砂金→金の変則金交易ですが、鋳造の熟練度がどんどん貯まるのが美味しいです。純粋に鋳造熟練だけを目的にする場合は、ジャマイカーサンティアゴで往復して砂金を積み、ハバナで生産してから自動回航を行えばほぼ赤字なしで熟練を稼ぐ事も出来ますし。
交易手段として見た場合、中南米の安い金と比べると高めにつくこともありますが、購入できる港が2ヶ所あり(サンフアンも入れれば3ヶ所ですがサンフアンはちょっとハバナから遠いので除外)、相場に左右されにくいのと、多少単価が高くても、砂金3→金3~4なので、大成功分だけ単価が下がる上に、カテを使って仕入れた場合、カテ1枚あたりの購入数が金を購入するよりも上回るというメリットがあります。(購入数に関しては港の影響度も関係する為、厳密には国次第)

 とりあえず鋳造がR15になるまではこのままかなー、という気配です。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。